数十年使い込まれたライフルケース。取っ手部分とベルトの消耗が限界に達していましたので、新たに作り替えることに。痛んでいる部分の革を傷つけないように、丁寧さと正確さが求められる繊細な作業でした。